僧帽筋

起始

①下行部:後頭骨、C1-C7の棘突起

②水平部(横行部):T1-T4の高さの腱膜

③上行部:T5-T12の棘突起

停止

①下行部:鎖骨(外側3分の1)

②水平部(横行部):肩峰

③上行部:肩甲棘

支配神経

副神経(CN Ⅺ)

頸神経叢(C3、C4)

作用

①下行部:肩甲骨を上内側に引き、関節窩を情報に回す。頭を同側に傾け、対側に回旋する

②水平部(横行部):肩甲骨を内側に引く

③上行部:肩甲骨を下内側に引く

ワンポイントアドバイス

■全身の筋(後面)

b-5-1-trapezius

 

起始を第12胸椎に、停止を肩峰に合わせると分かりやすい

コメントを残す

このページの先頭へ